去る9月20日(水)第37回小泉商店手造り地酒研修会を開催いたしました。
快晴の秋空に恵まれた中、弊社創業90周年を記念した限定商品を含めた蔵元自慢の珠玉のお酒達をテイスティングしていただきました。
また、今回は創業90周年記念企画として、『酒とお料理のペアリング講座』と題してソムリエ・大越基裕氏にご講演いただきました。

> 記事全文

6月21日(水)に第85会月例きき酒会を開催いたしました。

記録的な大雨に見舞われ、大変お足元の悪い中ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

当日は福井・一乃谷より宇野常務がお越しになり、終日お手伝いを頂きました。

今回の月例きき酒会は「夏酒」をメインテーマとし、日本酒の消費が落ち込む八月に向けて焼酎やリキュールにもスポットを当てました。
他にはグラスによる味わいの変化という点にも着目し、グラス違いの飲み比べ企画を行いました。
夏の限定商品は人気が高く、試飲用もままならないというお客様に大変ご好評いただきました。

> 記事全文

世界的に有名な米国人ワイン評論家のロバート・パーカー氏が顧問を務めるロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケート社が独自の評価基準「パーカーポイント」を初めて日本酒に採用し、新潟・久須美酒造「亀の翁 三年熟成」が全国800銘柄から最も高得点のPP98を獲得いたしました。

おめでとうございます。

 

詳細は地元新潟日報のスキャン(PDF)または新潟日報のWeb記事をご覧ください。(画像は新潟日報のWeb記事より転載)

> 記事全文

晩秋となり、日本酒の最繁忙期に向けて日常がにわかに慌ただしさを帯びてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
弊社では先日、秋の研修会で発表いたしました『蔵元と一緒にお酒を造ろうの会』の第一回企画会議が行われました。
酒販店様にご参加頂いたこの企画会議の模様を報告いたします。

> 記事全文

去る7月28日(火)、旧本館の解体後、しばらく開催のなかった小泉青雲塾の勉強会を、新設された未来洞にておよそ2年半ぶりに開催いたしました(第10回)。今回の講演はいま最も旬な蔵元、《白瀑》《山本》醸造元の山本合名会社・山本友文社長を講師としてお招きし、プライベートなことから酒造りに携わることになった経緯・蔵の現状、さらにはNEXT5結成秘話?まで熱く語っていただきました(午前の部に参加された皆様ゴメンナサイ・・・)。

> 記事全文

去る9月17日(水)第34回小泉商店手造り地酒研修会を開催いたしました。

当日は天気には恵まれましたが、東京駅で発煙騒ぎがあり新幹線が一時運転見合わせ!ご来場をあきらめた方や、中には2時間半も列車に閉じ込められた方もいらっしゃいました。

穏やかな天気の中、秋から年末にかけての商品を吟味するには丁度良い陽気だったように思います。

> 記事全文

去る4月16日(水)小泉商店では初となる春のきき酒会を開催いたしました。

当日は夏酒を吟味するにはもってこいの晴れ模様でした。

ご来場いただいた皆様には久しぶりの燗付け機が放つ熱気とともにご堪能して頂けたかと思います。

> 記事全文

去る9月25日(水)第33回小泉商店手造り地酒研修会を開催いたしました。

今年は小泉商店Re:Startをスローガンに、多数のお客様にご参加いただきました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、おかげさまで昨年を100名以上上回るご来場をいただき、日本酒に対する情熱と姿勢が窺えるようでした。

> 記事全文

天気にも恵まれたさる5月22日、第74回小泉商店月例きき酒会を開催致しました。
奇しくも同日が広島での全国新酒鑑評会の一般公開日であったこともあり、急遽弊社のきき酒会でも特設ブースを設けることと相成りました。

> 記事全文

  曇り模様ながらながらもやや蒸し暑く、いよいよ夏日を思わせる一日となった去る4月17日。第73回月例きき酒会を開催致しました。

> 記事全文